ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の金融犯罪にご注意の中のスパイウェア

ここからページの本文です。

スパイウェア

インターネットやメールを介して、知らないうちにパソコンに侵入し、パソコン内部の情報や個人データを盗み出したり、盗み出した情報を元に広告をポップアップするプログラムを総称して「スパイウェア」と呼びます。

【ご参考】
スパイウェアの定義(情報処理推進機構(IPA)と日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)スパイウェア対策啓発WGによる共同の定義)

ただし、スパイウェアの多くはコンピュータ環境や利用状況などの情報を収集することを目的として作成されており、セキュリティポリシーが開示されていたり、使用許諾書に目的などが明記されている場合もあります。

万一、口座の登録情報、取引明細等で身に覚えのない不審な取引等をご確認された場合は、カスタマーセンターまでご連絡ください。

【不審な取引とは】
  • ログインパスワードが変更されている
  • 登録メールアドレスが変更されている
  • 心当たりのない振込出金がされている、等
被害を防止するためには
  • 心当たりのないメール等は安易に開かないよう十分にご注意ください。
  • いかがわしいホームページへのアクセスはお控えください。
  • ソフトウェアのダウンロード、インストール時の確認メッセージ等は内容をよく確認してください。
  • スパイウェアに対応している市販アンチウィルスソフトやファイアーウォール製品を導入・ご利用し、スパイウェアの監視(定期的なチェック)や駆除を行ってください。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。